社員が幸せに働く会社

今、業績が伸びているのはこんな企業です。
今、優秀な人材に選ばれているのはこんな企業です。

これからは「ワークライフ・バランス」ではなく、
「ワークライフ・エンリッチメント」が大切だと私達は考えます。

昨今、働き方や若手社員の価値観など「今までと違う」と感じ、
戸惑っている方も多いのではないでしょうか。

時代は大きく変化しました。
終身雇用や年功序列は過去のものとなり、仕事最優先という価値観も崩れつつあります。
働く人々は、「仕事もプライベートも自分らしさも大切にして生きる」という
本来当たり前の価値観を堂々と持つようになり、
企業もその時代の流れに乗ることが求められています。

また、働き方にも変化が見られます。
リモートワーク、男性の育休取得、女性活躍推進など、
もはや仕事と家庭を切り離して考えることはできません。

私達が提供するワークライフ・エンリッチメント・プログラムは
社員の心理的安全性の向上、エンゲージメント向上、定着率アップを可能にします。

社員の幸福度を上げることで、企業の業績向上に貢献してまいります。

Homeが育てばWorkが伸びる

それがHome to Workの理念です。

What's New

Home to Workからのお知らせ

Work Life Enrichment

時代はワークライフバランスからワークライフ・エンリッチメントへ

ワークライフ・エンリッチメントとは「家庭で培ったスキル」を仕事に、「職場で培ったスキル」を家庭で活かして人生を充実させる取り組みです。

Contents Theme

Home to Workの企業研修テーマのご紹介

WLE研修メイン画像

社員の生活基盤である「家庭」がスムーズに回れば社員は「仕事」で100%の能力を発揮できる!社員の幸福度と企業の業績を共に向上させます。

効果的な面談のプロセス、必要なコミュニケーションスキル、プライベート・トレーニングで家族や友人との関係もより良くなります。

「自分の中にあるレジリエンス(逆境力)」に気づき、柔軟でしなやかなセルフマネジメント力を向上させていきます。

女性活躍推進には、「家庭」が整っていることが大切です。社員の生活基盤「家庭」を整えましょう。

強み弱みを互いに把握し、個人が成長課題を見つけると共にチーム力を上げるための方法を学びます。

イマドキ世代について「理解できない」「当たり前が通じない」など、指導者側の戸惑いは少なくありません。

組織全体で取り組む環境づくりについて、ワークやトレーニングを行いながら楽しく学び、実践に繋げます。

「夫・妻として」「地域貢献」「趣味」など多様なシーンで活躍するために今からキャリアレインボーを描きましょう。